TOP > 食にまつわるあれこれ

さんつね編纂 日本食紀

記事一覧

  1. 38.「ブリ起こし」とブリの旬

    「ブリ起こし」で、北陸地方は寒ブリの旬が始まります。

  1. 38.「秋味(あきあじ)」と呼ばれる旬の鮭

    産卵前の脂がのった鮭を「秋味(あきあじ)」といいます。

  1. 37.脂のり抜群の「金華さば」、石巻が誇るブランド魚です。

    金華さばは、秋から冬にかけて南三陸の金華山周辺海域で穫れる真さばのことです。

  1. 36.夏の風物詩として人気の高い漁火(いさりび)

    津軽海峡でスルメイカ漁が行われるとき、夜の海に煌々と灯るのが「漁火」です。

  1. 35.七夕にそうめん?

    そうめんは千年も前から七夕の行事食となっていました。

  1. 34.ミネラルや食物繊維を豊富に含んだ低カロリーでヘルシーな食材もずく

    ほかの海藻に巻きつくことから「藻付く」と名付けられました。

  1. 33.味が良いから「あじ(鯵)」?縄文時代から食されてきた魚

    「魚」偏に「参」となったのは、鯵が参集する(群れる)魚だからという説が有力です。

  1. 32.桜の咲く頃に帰ってくるサクラマス、
見た目も味も素晴らしい幻の高級魚。

    海へ下ったサクラマスは約1年後、生まれた川に戻って来ます。

  1. 31.「春告魚(はるつげうお)」のこと

    旬を迎えると「春が来たな・・・」と感じさせてくれる魚たちを「春告魚」と呼びます。

  2. 30.節分といわしの関係?

    鰯の語源は「弱し(よわし)」「卑し(いやし)」。「陰の気を消す」魔除けになると言われています。

  3. 29.「鰊(ニシン)」と「鯑(かずのこ)」

    年末年始のおめでたいこの季節、「ニシン」と「数の子」の親子は仲良く活躍しています。

  4. 28.年越しそばの由来は?。

    除夜の鐘を聞きながら年越しそばを食べて縁起を担ぎましょう。

  5. 27.1年に2度旬がある魚?。

    おいしい旬の魚をいただき、栄養をつけて冬に備えましょう。

  6. 26.秋が旬の魚、色々。

    秋鮭や秋刀魚をはじめ、いろいろな魚が美味しい時季です。

  7. 25.秋の味覚-「秋鮭」

    深まる秋とともに美味しさが増す、栄養たっぷりな自然からの贈り物です。

  8. 24. 暑い時は「う」がつく食べ物をとるといい?

    夏の土用を穏やかに過ごす昔からの知恵がいろいろと伝えられています。

  9. 23. 夏の風物詩と鮎

    猛暑には鮎や鱧、鯵など旬の魚を頂いて元気に過ごしましょう。

  10. 22.  夏越祓(なごしのはらえ)と水無月

    6月30日の大祓は「夏越の祓」。半年間の身の汚れを祓い、来たる半年の清浄を祈念します。

  11. 21.  八十八夜ってどんな日?

    安定した気候で、種まきや田植えの準備、茶摘みなどを行うのに最良の時期です。

  12. 20.  初鰹で寿命が延びる?

    旬の走りの「初鰹」。初物を食べると縁起が良いとされています。

  13. 19.  「ぼた餅」と「おはぎ」のお話

    材料から作り方まで全く同じで違うのはその呼び方だけ

  14. 18.  「祈年祭(きねんさい)」のお話

    祈年祭とは、五穀豊穣を祈願するもので、秋の新嘗祭と相対するお祭りです。

  15. 17.  お屠蘇(とそ)は、お薬だった?

    お屠蘇は「一人これを呑めば一家病無く、一家これを呑めば一里病無し」と言われています。

  16. 16.  冬至にかぼちゃと柚子湯は、なぜ?

    かぼちゃはビタミンAやカロチンが豊富なので、風邪や中風予防に効果的です。

  17. 15.  神在祭(かみありさい)とぜんざい

    「おしるこ」と「ぜんざい」をどう呼び分けているのかご存知ですか?

  18. 14.  秋刀魚と大根おろし

    新物のサンマが店先に並び始めると、秋の到来を感じます。

  19. 13.  「さばを読む」の由来は鯖?

    美味しいものを沢山頂いて、夏の疲れを癒してください

  20. 12.  「夏に甘酒?」

    猛暑が続くこの夏を甘酒で乗り切ってみてはいかがでしょう?

  21. 11.  「夏祭りとご馳走」

    旬のおいしい野菜や魚で、暑さを乗り切りましょう

  22. 10.  「夏至にタコを食べる?」

    疲れを癒し、本格的な夏に向けて体力を備える

  23. 09.  「端午の節供(たんごのせっく)」

    美味しいものに国境はないようです。

  24. 08.  「お花見と団子」

    桜は「田の神の依代」

  25. 07.  「めでたいお話」

    自然の恵みと神々への感謝を込めて

  26. 06.  「お酒と神様」

    お酒は、神と人とを結ぶ役割を担う神聖なもの

  27. 05.  「鏡餅とお年玉」

    鏡餅は、新年の神様である「年神様」の依り代

  28. 04.  「日本人とお米」

    お米を通じて「日本の食文化」を今一度大切に

  29. 03.  「日本の塩づくり」

    大昔から変わらず継承されてきた「入り浜式塩田」

  30. 02. 「熨斗(のし)」-日本古来の贈る心

    熨斗鮑(のしあわび)をご存知ですか?

  31. 01. 「神饌」—神様の食事

    神社や神棚にお供えする供物